無料レポート

自費出版を真剣にお考えの方に無料小冊子を〜



意外と知られていない!?
本づくりのためのやさしいノウハウをA4サイズ3Pにまとめました。無料レポート「本作りで失敗しないための5つのポイント」がダウンロードできます。
無料相談
本作りに関することなら、どんなことでもご相談ください。

親切・ていねいにあなたの疑問にお答えします。

もちろん、お問い合わせいただいたからといって、あなたのご都合を無視して営業するようなことは絶対にありません。

お気軽にご相談ください。

「自費出版で成功する方法」
というタイトルの
無料の資料も用意しております
チラシ・印刷の事なら小林印刷
新しいサービスを提供できるようになりました。

かんたん節約自費出版コースのご案内

価格表

オプション

体験談

 

自費出版体験談

淀川さんは、前から詩やエッセイを書くことが好きだったので、いつか自費出版をしてみたいと思っていましたが「自費出版」に対して最低50万以上かかるのではないか?というイメージを持っていました。
しかし、小林印刷株式会社に勤めている知人:営業の森本に聞いてみると紙やインク、印刷の方法や部数の関係で、かなり安くできるという旨を聞かされ、淀川さんの希望予算、20万円前後でなんとかできないかを話すと「できますよ」との返答をいただきました。ただ、この予算内で印刷するには、パソコンで文字を、淀川さん自身がデータ入力することがコスト的に必要。淀川さんはノートパソコンを持っており、書きためたエッセイをWINDOWSのWORDで入力することにしました。また、初回打ち合わせの日も電話ですぐに決定しました。
ひとまず入力した文字データを打ち合わせの日も電話ですぐに決定しました。ひとまず入力した文字データを打ち合わせ時に渡し、内部構成の希望をその時に具体的に営業の小林に伝えることにしました。
表紙もこだわってイラスト入りを希望された淀川さん。(表紙のインクの色はローズピンク系)
初回打ち合わせは、小林印刷内の、打ち合わせスペース。淀川さんと営業の森本とコーヒーを飲みながらわきあいあい。楽しく内部構成を考えました。その結果「コンセプト:女友達に沢山配ることのできる、読み物的なエッセイ本にしたい」という結論に達し「インクは本文は黒1色でも、表紙はピンク系のインクを使ってイラストの入ったデザインにしたい。また表紙の紙は、もっと落ち着いた感じのシンプルな紙にしたい」等もろもろの要望が淀川さんから伝えられました。また、本文ページ数は原稿のデータを見せて頂くと、約50ページ位になるだろうとのみ通しとなりました。二週間後、初校を淀川さんに提出する際にページ数を確定し、見積もりを一緒にお渡しするというお約束になりました。

打ち合わせ風景です。
打ち合わせに間しては、福岡市内・近郊に関しては弊社よりお伺いも可能です。遠方の方はお電話、メール、郵送でのやり取りが主となりますのでご了承ください。
2週間後・・・淀川さんが楽しみにしていた初校の日。小林印刷に行くと営業のの小林よりプリントアウトし、切り貼りされ製本された初校の校正紙を渡されました。ぺーじは内表紙も含め、本文全52P。表紙はピンク色で要望通り。タイトルにちなんだお団子のイラストが書いてありました。本文も、打ち込んだ文字データがきちんと品の良い文字体で配列してあり、とても好感がもてました。淀川さんは営業の森本より「この校正紙をよく見て、文字の間違いがないかを赤のボールペンで修正で書き込んでもらい、他に内容の修正がないか、今週末までチェックして連絡いただけませんか?」と言われました。見積もりも予算の範囲内でぎりぎりOK.さっそく家に帰り、原稿をチェックすることにしました。

1週間後・・初校に赤で修正を入れた校正紙を営業の森本に渡しました。あと、表紙のインクの色が薄そうだったのでもう少し濃ゆく、また本文の文字が少し大きいのでもう1段階小さくできないかなど、細かいデザインのチェックを行いました。
「29(にく)だんご」の仕様と価格
 
   
 仕様


サイズ:A5    本文51P
インク :表紙:ローズ系のピンク・本文:黒1色
紙  :表紙・マットコート135s 本文・上質90s
    :見返し・色上質紙のサーモン厚口
製本 :無線綴じ  部数 300冊

 価格

基本価格95,000円+デザイン料38,000円(イラスト作成依頼有の場合コストアップ)+(ページ組み料 1P1,000円×52P=52,000円)+{(校正紙出力:本文52P×50円+表紙裏表紙特色100円)×4回分)}+(文字修正料5円×550文字)=計198,550円でした。

3日後、初校の修正が早く終わったので、営業の森本が淀川さんの勤める会社に再校正紙を持って行きました。淀川さんはその日の夜さっそく再度修正済み箇所のチェックを行いました。

校正のやりとりが初校〜第四校まで続き、やっと校了!初校から3週間後、やっと印刷です。最終チェックで淀川さんに来社してもらい、表紙のインクの色の確認をしてもらいました。印刷〜製本まで約1週間の予定淀川さんもとても楽しみにしていました。

1週間後、印刷と製本が完了しました!
淀川さんの自宅に夜、納品に。
「イメージ通りの出来映え」という言葉をいただき、とても喜んでいただきました。

これから淀川さんは、この本をむかしからの友達に沢山配ったり郵送する予定、とのことでした。ちなみに、営業の森本もその本を1冊頂戴したそうです。

トップページへ  価格のページへ  オプションのぺーじへ  お見積もり  
お見積もり(FAX用)

 

Copyright(c)2006 Kobayashi Print,Inc.All Rights Reserved.
〒812-0892 福岡市博多区東那珂1−15−45
小林印刷株式会社
TEL092-411-2246 / FAX092-474-2433)